おせち料理の文化

おせち料理のキメ手

おせち料理は節句の料理として、中国から伝わったものですが時代の変化で日本風のものになっています。

おせち料理のキメ手main画像

おせち料理の文化

おせち料理は節句を祝う料理ですが、このおせち、節句の習慣は中国から伝わったものです。

昔から日本は中国の伝統の影響が強い国です。

その為、古来から仏教や儒教の影響を受けたものが多く存在します。

時代による変化はありますが、こういったものが形を変えて存在しています。

おせち自体は奈良時代から存在していますが、朝廷など貴族だけの習慣でした。

その習慣が庶民に伝わり変化していき、現在のお重になりました。

このお重になった理由はめでたいことを重ねるという、縁起を担いだ意味もあります。

正月の料理も縁起のいいものが大半で、長寿や健康などを願ったものが多いですね。

五重が正式なおせちと言われていましたが、現在へ四重のおせちが多くなっており、こちらが正式と言われるようになっています。

本来は祝い肴三種以外さえあればおせちの形になりますが、お重となると重の中におせちの配置も決まっています。

区分けした中に数多くのおせち料理がぎっしりと詰められており、食べごたえもあるものになっています。

おせちの文化は時代によって変化していきますが、正月を祝うものということは変わりません。

またおせちは忙しい女性を正月位は休ませる意味もありましたが、今では保存可能な食材も多く、販売されているものも多いですので、そういった意味は減っています。

オススメサイはこちら⇒おせち料理予約2015年-板前魂本店

実際は台所を休ませる意味もあり、火を使わないことに意味があるようです。

ただお雑煮は作りますので、火を使わないのは難しいですね。

時代の変化でおせちの意味も変わりますが、本来はどういったものであるのか、知るのもいいのかもしれません。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント